タレントダイナミクスは企業向けの
フローを生み出すシステム

タレントダイナミクスパスウェイ

ステップ1 タレントダイナミクス概論

最初のステップは、チーム全体を対象としたプログラムで、チームメンバーにタレントダイナミクスの原則を理解してもらい、その原則をどのように企業内に活用する方法や、「主要な目的」の理解からはじめ、それをどのようにして「価値とレバレッジ」に結びつけるか、また「信頼とフロー」に結びつけるかを学ぶための1日ないしは1日程度のプログラムです。

企業の主要な目的は市場やコミュニティに価値を付与することであり、そしてその価値をレバレッジさせて利益を生むことです。

企業が市場に価値を付与できずにいると、市場でのシェアを失います。より多くの価値を提供することによって、シェア率は高まります。また企業が効果的にレバレッジをかけることができないと、経費が売上を上回り、利益はすぐに減少します。より効果的にレバレッジを利かせることができれば、利益は上昇します。
世の中が目まぐるしく変わる昨今において、継続力は価値とレバレッジの要素を常に把握し、また常に磨き続けることによって保たれます。この当たり前のようなことが、多くの企業においては実施されておらず、また市場や財務指標に会社が都度対応している状況です。この状況は、ただ症状に対処しているのであり、問題の原因を根本から治すことにはなりません。

継続可能な価値は、市場での信頼度を把握し、維持することによって生み出され、継続可能なレバレッジはフローを把握し、維持することによって生み出されます。

継続可能な価値が信頼度を測定することで把握できるなら、社員一人ひとりの価値は、同僚のその人に対する信頼度で把握できるようになります。その信頼は彼らが価値を提供することによって生まれ、また、その信頼を築くことによってさらに価値は作られます。
継続可能なレバレッジがフローを計測することで把握できるならば、社員一人ひとりの効果的レバレッジは、コミュニケーションを通じて、またリソースを通して、そして効率化を通して他者に彼らが提供しているフローのレベルによって把握できます。最初の1日プログラムではチームメンバーの一人ひとりが、8つのプロファイルからなるタレントダイナミクステストを受け、それぞれのタイプにとって、もっとも自然な行動や、価値を生み、レバレッジをかける方法や戦略を学びます。

ステップ2 プロフィタブルチェンジ

パワフルな戦略を構築したい企業にとって、このステップは、拡大可能かつ継続可能な状態でチームがすべて機能するための戦略を生み出すステップとなります。この3日間のプログラムは、連続した3日間または1ヶ月の中の3日間で開催されます。

そして12ヶ月以内に業績を2倍にする戦略を構築します。

ステップ3 完遂プログラム

12ヶ月から18ヶ月に渡って継続的に企業に対し顧問をつづけ、企業内に大きな成果を実際に生み出すようプログラムをし、戦略を打ち出していきます。
そして結果的に、売上を3倍以上にします。