タレントダイナミクスは企業向けの
フローを生み出すシステム

タレントダイナミクスとは?

タレントダイナミクスは、社員が自分らしく活き活きと働き、会社組織をより早く、
そしてより強くし、社員と会社を「フロー」に乗せることができるビジネスメソッドです。

フローに乗るというのは、社員の働き方、
チームの業務の流れ、組織全体が生み出す成果の流れを、
一切妨げるような障害物が存在していない状態です。

社員がフローに乗り、チームがフローに乗ると、会社がフローに乗る。

生産性は格段に上がり、業績は、必然的にプラスとなります。
また社員は楽しみながら仕事に取り組むことができ、
組織に対し、より多く貢献したいという気持ちが芽生えるようになります。

会社のフローがどれくらいであるかは、
社員個人の能力に見合った内容と、その満足感によって決定されます。

社員がフローに乗れば、チームがフローに乗り、
社員は組織に引き寄せられ、離職率は自然と下がります。

顧客もまた、そのフローに引寄せられ、組織の売り上げや利益に直結します。
個人がフローに乗るとチームダイナミクスが動き出します。

タレントダイナミクス研修を修了したメンバー各自が、
チーム全体のフローに貢献することにより、創造性や効率性が強化され、
組織への自然な帰属意識が芽生え、自ら進んで価値を提供し、
組織に貢献したい思いが備わります。

そして、タレントダイナミクスの肝である、
価値にレバレッジを掛けて利益を生み出す収益構造を理解する事で、
社員にも経営意識が芽生え始めるのです。

その結果、常習的な欠勤、怠惰、先送り、コミュニケーション不足、
否定的態度などが格段に減少し、業績が上がっていくのです。

タレントダイナミクスのシステムは会社のフローを3つのレベルで評価します。

それは、個人レベル、部署・チームレベル、そして企業レベルの3つで、
各レベルにおいてコミュニケーション、リソース、
そして収益性におけるフローを強化するためのツールを提供しています。

このプロセスにおいて重要なコンセプトは「アイデンティティ」「責任」「信頼」そして「継続」です。

これらはタレントダイナミクス導入企業においてそれぞれ測定かつコントロールが可能な要素です。

タレントダイナミクスが有効である理由は、
チームを組織の中核にある「ビジョン」「精神」そして「目的」に意識を集中させることにより、
パフォーマンスと収益性の面で画期的な効果を生むことができるからです。

フローについてより詳しく知りたい方はこちら

タレントダイナミクススクエアの由来

1.性格プロファイリングの歴史

性格プロファイリングは確かな前例と科学的な研究に基づいたものです。それは5000年の歴史をもつ古代中国の哲学体系である易経に基礎をおいています。易経は中国歴代の皇帝や儒家によって徐々にまとめあげられた書物であり、西洋においては、リチャード・ヴィルヘルムが翻訳したものをカール・ユングの貢献により出版したことで一般に広がっていきました。

ユングは易経に傾倒し、彼の著書「心理学的タイプ」や「シンクロニシティ」「集合無意識」などの理論にはその影響を色濃く受けています。彼は西洋において心理測定テストの先駆けとなり、その後生まれた各種心理テストはすべてユングの功績の延長です。タレントダイナミクスプロファイルのユニークな点は、易経思想の中でもユングが敢えて取り入れなかった、失われていた要素「第五要素」を組み込み直したところです。

2.五行

古代中国の思想では、万物は五種類の元素(自然エネルギー)から成ると言われ、各元素は1つの季節を表していました(うち1つは「過渡期」と呼ばれる)。これらのエネルギーは私たちが日ごろ目にする人々の性格的特徴をも表しています。

私たちは皆、すべての要素を合わせ持っており、各要素のバランスがそれぞれのあり方を決定しています。タレントダイナミクスプロファイルを知ることで、自分のそれらのバランスがわかります。

フローとは?

フローは辞書の中で、流体であること、と定義されています。
語源:ゲルマン語を祖語とする古英語のflowan、オランダ語のvloeienと関係がある

フローとは人生が自然にかつ楽に、完全性と調和に向かって展開していくことです。

フローの中にいると、すべての出来事が整然と、収まるべきところに収まり、障害は溶けてなくなります。

それは流れの中を絶え間なく動きます。
そして個人の職場に於けるフローに乗ると言うのは、どう言う状態か?

昨今のスポーツ界では、既に科学的に証明されているように、
リラックスして夢中で取り組んでいる時こそ、良い結果が伴うのと同じように、
職場に於いても、リラックスしていて、無闇にコントロールしようとしなくても、
望む状況を作り出せる状態です。

それはある種の精神状態であり、
それは活動の中で、エネルギーに満ちた集中状態に浸っているような感覚です。
意欲が結集し、感情は抑制されるだけでなく、ポジティブに活性化され、目の前の作業と同調しています。
しかし落ち込んでいたり、困惑していたり、不安を感じたりしている時は、フロー状態にはありません。
逆に、フロー状態にある時は、活動や業務を行う事自体に意義を見出し、
その中に楽しみや幸せを感じる事で、より一層の高い結果を生み出すような状態と言えます。

基礎を学ぶには集中力が必要です。
そして練習することによってそれは身につきます。

タレントダイナミクスの研修を通じて、フロー状態を維持するコツを掴めば、
経営者も社員も、もっと楽しく、優雅に結果を出す事が出来るようになります。

フロー状態にある時、時間に歪みが生じる事があります。
あなたにも、大好きな趣味やスポーツに没頭している時、お気に入りの小説や、
ゲームを楽しんでいる時に、ふと時計を見てみると、
思いがけない時間が経過していた経験はないでしょうか?

その時にあなたはフローの中にいます。

結果はどうあれ、趣味に没頭し、スポーツを楽しみ、物語に浸り、ゲームで成果を上げているはずです。

職場では、課題と取り組む人のスキルと意欲が等しくマッチしている時に、フロー状態が見られます

タレントダイナミクスを通じて、その課題、スキル、意欲をマッチングさせる事により、
全社員が素早くフロー状態になれる方法をご提供出来ます。

運はフローについてきます。

フローの中で生きることは幸運な人生を送ることです。
フローは生涯にわたるプロセスであり、豊富な恩恵をもたらしてくれます。

風水では土が中心と考えられ、他の4つの元素が方位磁石の4点を構成しているとされています。
年間の周期としては、季節 は木(春)から始まり、金(冬)で終わります。
フローは前進するたびにその周波数を変える、自然のプロセスとして見られていました。

フローには創造的なサイクルがあります
(水が木を創り、木が火を創り、火が土を創り、土が金を創り、金が水を創ります)。

フローにはまた抑制と破壊のサイクルがあります
(水が 火を抑制し、火が金を抑制し、金が木を抑制し、木が土を抑制し、土が水を抑制します)。

中国におけるフローの研究では、建設的なサイクルと破壊的サイクルである
五芒星形{ごぼうせいがた}が重なりあってペンタクルのシンボルができました。

道教におけるフローの教えは、この無常な物質世界でフローを習得することで、
いかにして我々が不変で崇高な世界に超越出来るか?と言うものでした。

道教が発達するにつれ、フローの研究は独立した学問となりました。
物質と時間を超越し変化させる方法の学問です。
これは以後1500年にわたり「錬金術」として知られるようになりました。

人々は何世紀もの間、フローを活用してきました。
ところがそれはあるとき失われ、目に見える物だけが良しとされる
原因と結果のみを測定する、普遍の法則に沿わない生活をするようになりました。

その結果、世界の人々は、人生や仕事が楽しんで出来る事を忘れてしまいました。
私たちは、生来その法則を知っていたはずなのに、忘れているだけなのです。
タレントダイナミクスと言うメソッドを通じて、
それを今復活させ、広めていけるかどうかは私たちに掛かっているのです。